仕組みについて

ディーゼルエンジンとは、その名の通りエンジンです。それ故に、自動車やバイクなどに使用されているものですから、しっかりとそれにエネルギーを渡さないといけません。そのディーゼルエンジンの仕組みを簡単に説明します。あくまでも専門的なところは省くので注意してください。

 
ディーゼルエンジンは、簡単に言ってピストン運動によってエネルギーを作っていきます。そして、それを動かすのがガソリンではなく軽油や重油などでしょう。それ故に、ガソリンよりは低コストで動かすことが出来るのが強みですね。ただし、そのエネルギー生むためにかなり大きな音や排気ガスを沢山出してしまうのが問題でした。しかし、現在はそれらの問題を解決しているのであくまでも昔の場合に限られます。

 
ディーゼルエンジンは、燃料を噴射する高圧ポンプと直接噴射式と副室式に分かれて使用されているでしょう。それらを上手く動かすことで大きなエネルギーを生むことが出来るようになっています。ただし、これが現在は改良されており、昔よりもエネルギー効率をアップすることが出来たでしょう。
このようにディーゼルエンジンの仕組みがあります。ただし、あくまでも簡単に説明したものですので間違えないようにしてください。これが全てではありません。

 

 

 

 

 

カテゴリー
お気に入り