燃料について

ディーゼルエンジンは、ガソリンでは動きません。他の燃料を使用していくのですが、結構多くの燃料を使うことが出来るのが良いことでしょう。
基本的にはディーゼルエンジンは軽油を使用します。他にも重油が一般的ですね。特に軽油はガソリンよりも高いエネルギーを生み出すことが出来るでしょう。では、他の燃料を説明していきます。

 
まず、合成油があります。この合成油は、今までの天然燃料に代わる次世代の燃料と注目されており、多くの油を合成して作られているでしょう。ただし、ただ合成するだけではダメで、特に環境に優しい油を作らないといけません。そうすることで、ディーゼルエンジンの排気ガスが公害を出すことはなくなるでしょう。それを踏まえて合成油は製造されているのです。次に、ジメチルエーテルをディーゼルエンジンに使用するというのがあります。これは、低純度、低価格、大量生産を目的として作られていますので、上手く行けば今までのエネルギーよりも良いディーゼルエンジンの燃料にすることが出来るでしょう。

 
他にも植物油をエステル交換してグリセリンを除去した燃料や油脂を水素処理して水素化処理油というエネルギーも存在していますね。まあ、これら全てを使っているわけではありません。まだ、実験段階の燃料もありますので、今後によっては出てくる可能性がありますので、良い燃料となると良いですね。

 

 

 

 

 

カテゴリー
お気に入り