昔のディーゼルエンジンについて

ディーゼルエンジンは、結構昔から存在していました。かなり良いエンジンなのですが、昔のディーゼルエンジンはかなりよくありませんでした。と言っても性能自体はかなり良いのですがね。

 
ディーゼルエンジンは、軽油なのでガソリンよりも低コストで使うことが出来るとても良いエンジンでした。しかし、その大きなエネルギーを出す時に結構問題が多かったのです。まず、かなりの振動をディーゼルエンジンは出すことになっていました。そして同じように騒音も酷く、周りの人は近くに居るだけでディーゼルエンジンの自動車が通ったことを判断することが出来るレベルだったのです。

 

それくらいかなりうるさいものでした。ただ、ディーゼルエンジンが開発当初はそこまで気にしないで使うことが出来たでしょう。しかし、時代が進むに連れて騒音として認定されることになってしまったのです。その問題として排気ガスの量が多いという状態がありました。

 

二酸化炭素こそ多くはないのですが、黒くて臭いが酷い排気ガスを出してしまうのが問題になったのです。その排気ガスが道路に摂食して黒く道路が汚れることなど、かなり問題になったでしょう。それを掃除するのもかなり面倒になったので、ディーゼルエンジンの規制がかかることになったのです。ちなみに、臭いもすごくとても良くありませんでしたね。

 
このようにディーゼルエンジンは良くありません。しかし、現在は一部改良を出すことで上記のことは結構解決しています。ただ、もちろん完全に解決していると言うわけではありませんので注意してください。

 

 

 

 

 

カテゴリー
お気に入り