問題点と修正

sagyou300ディーゼルエンジンには、いくつかの問題点が存在していました。しかし、その問題点は現在では大体が修正をすることができているでしょう。

 
ディーゼルエンジンの問題点としては、振動、排気ガス、騒音があります。それが昔はかなり酷かったのです。特に排気ガスは環境にもかなり問題を出すものとなっていました。まず、振動から説明すると、ディーゼルエンジンは大きなエネルギーを作るためにかなり大きな動きをしていたのです。それだとかなりの振動が出てきたでしょう。と言っても、地震のような振動ではありませんがね。しかし、現在のディーゼルエンジンは極力振動を下げるために、動きを最小限に抑えることが出来たのです。そうすることで振動をかなり抑えることに成功しました。

 

次に、騒音です。これも大きな力を出すために大きな音になっていたところが多く、また騒音の中には振動の音も入っていたでしょう。その騒音もまた抑えることが出来たのです。そして、最後に排気ガスですが、これが本当に酷かったでしょう。排気ガスが接触したところには黒い後が残っている上に、排気量が多い、臭いがすごいとかなり酷くありました。しかし、現在のディーゼルエンジンはそのような問題をほとんど無い状態にすることに成功したため、現在のディーゼルエンジンはかなり良いエンジンになっていますね。一時期環境汚染をするエンジンとして有名になっていましたが、現在ではエコカーとも言われるまでに良くなったのです。

 
このように昔は良くなったところを現在は修正して良いエンジンにしているでしょう。

 

 

 

 

 

カテゴリー
お気に入り