ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンは、違うエンジンだということを間違えないようにしてください。
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの大きな違いは、燃料が異なることです。ガソリンエンジンは、その名の通りガソリンを使用して、ディーゼルエンジンは主に軽油を使用しているでしょう。それ故に、もちろんエネルギーを作る機構もかなり異なっているので注意してください。

 

そして、この燃料が異なることで大きなことがあるでしょう。まず、ガソリンと言うのは、火を付けるとすぐに燃え広がりますね。しかし、軽油と言うのは火を直接近づけてもガソリンほど広がることはありません。でも、その分熱などで着火しやすいため注意が必要でしょう。それを応用したのがガソリンエンジンとディーゼルエンジンですね。

 

だから、ディーゼルエンジンは圧縮比がとても高いエンジンでしょう。これが主な違いですね。ちなみに、現在は修正されていますが、昔のディーゼルエンジンはうるさい、汚いというがありましたのでガソリンよりも悪いところが多かったです。しかし、現在はそのようなことはほとんどありませんので安心してくださいね。

 
このようにガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違いがあるでしょう。だから、どちらのエンジンを使用するかをよく考えてから自動車を購入すると何かと良いかもしれません。

 

 

 

 

 

カテゴリー
お気に入り