デメリット

ディーゼルエンジンを使用する場合は、デメリットが存在しているので注意してください。
ディーゼルエンジンのデメリットとして、まずその構造を作るために高い生産コストが必要になることです。このディーゼルエンジンを制作するために、かなり部品の強度を必要としており、これがしっかりとなっていないと問題が発生してしまうでしょう。

 

だから、固くするためにかなり良い部品を使用するので、製造コストが自ずと上がってしまします。また、強度を上がるために重さが重くなるという状態にもなるので、全体的にディーゼルエンジンを使用しているものは重量がかなり多いでしょう。他のデメリットとしては、振動や騒音がかなりすごいことです。大きなエネルギーを生み出すために高温、高圧縮で作るためにこれらが発生しやすくなるでしょう。そして、燃焼室内に窒素が多いため黒い煙や粒子物質となるPMがかなり多く排出されるのもかなりの問題を起こすことになります。だから、ディーゼルエンジンの規制が出てくることもありましたね。

 
このように良いエンジンのディーゼルエンジンですが、デメリットがそれなり存在しています。まあ、このデメリットの中には解決をすることが出来た物もありますので、現在もデメリットであるとは限りませんので注意してください。

 

 

 

 

 

カテゴリー
お気に入り